古いブロック塀のリフォームのタイミング

New

現在、戸建て住宅に長く住んでいるが、ブロック塀が古くなりそろそろリフォームしなければ、とお考えの人は多いのではないでしょうか。


しかし、そもそも今ブロック塀をリフォームするべきなのかどうかすらも分からないはずです。


そこで今回は、ブロック塀のリフォームについてお話ししますので参考にしてみてください。


1.年季の入ったブロック塀をリフォームしなければならない理由


いくら頑丈に作られているとはいえ、長年、雨風にさらされていれば徐々に劣化し、災害時には倒壊してしまう可能性があります。

ですから、どこかのタイミングでブロック塀をリフォームしないと、危険というわけです。


2.ブロック塀のリフォームのタイミング

基本的にブロック塀の寿命は約30年と言われています。

もちろん、施工方法やエリアによって寿命は変わります。

ブロック塀のひび割れや破損、カビの発生など多岐にわたります。

さすがに自己判断は難しいため、プロの業者に確認してもらうべきだと言えます。


3.ブロック塀のメリット

・プライバシーを守ってくれる

・リフォームでメンテナンスが少なくなる

・誰かに侵入されにくくなる


4.ブロック塀からフェンスのリフォームも可能

もともとブロック塀しかなかったけれども、リフォームの機会にフェンスを設置するケースが増えています。


とくに、最近はオシャレなフェンスも増えてきているため、圧迫感のあるブロック塀よりかもフェンスを選ばれるようになりました。


ブロック塀が古臭く見える、とのことでしたら、いちぶをブロック塀にして残りをフェンスにするという方法もあります。


株式会社 環建では、お客さまのご予算、ご要望に合わせた最適な提案をいたします。

住まいのお悩みや解決したいこと、なんでもご相談ください!



株式会社 環建

お問合せ先

【https://kankenat.com/contact】